2020年3月のサッカー

Index

  1. 03/21 ● 鹿島2-4札幌 (練習試合)

鹿島アントラーズ2-4北海道コンサドーレ札幌

練習試合/2020年3月21日(土)/カシマサッカースタジアム/DAZN

 新型コロナウィルスのためにJリーグが開幕戦のあと中断してはや一ヶ月。
 いまだ再開の目処がたたない中で、DAZNがアントラーズとコンサドーレのトレーニングマッチを生配信してくれた(メルカリがオーナーになった効果がこんなところに出るとは)。
 練習試合だからキックオフは午前11時、スタンドは無観客、交替枠は制限なしと、いろいろとイレギュラーではあったけれど、それでもひさびさにサッカーが観られたのは単純に嬉しかった。ようやく今季初ゴールも観られたし。――とはいっても、またもや白星はおあずけという……。なんでこんなに弱いんだか。
 それにしても3ヶ月以上ものあいだ、鹿島と日本代表の両方で一勝もできないなんて、おそらく僕がサッカーを観始めて以来、初めてだ。サッカーが観られたこと自体は嬉しかったけれど、やっぱ勝ってくれないと楽しみ半減だなぁと思ったきょうの試合だった。
 さて、この日のスタメンはクォン・スンテ、広瀬、犬飼、町田、永戸、小泉、三竿、荒木、和泉、ファン・アラーノ、エヴェラウドという布陣。
 途中出場は遠藤、永木、名古、ブエノ、関川、松村(練習試合なので記録が公表されていないから、出てきた順番やメンツは若干不正確)。
 レオ・シルバが怪我をして二ヶ月の離脱ということで、小泉がスタメン。あと、ルーキーの荒木が二列目で先発したのが目を引いた(荒木よい)。
 後半途中からCBのコンビがブエノと関川に替わったのも注目点。ブエノ、どこにいったかと思ったらようやく出てきた。でも、彼が出てきてからジェイに2ゴールを許すていたらく。この調子じゃ今年は去就を心配することになりそうな……。
 この日の試合は練習試合ということで、45分ハーフの通常の前後半が終了したあとで、35分ハーフの試合が2セット行われたらしいので、この試合に出ていない土居とかはそちらに出ていたのかもしれない。いずれにせよ、最初の試合に出た選手が現在では主力ということなんだろう。
 それにしてもサイドバックはずっと永戸と広瀬だけだけれど、あとの人たちはいったいどうしちゃったんだろう? 杉岡にいたっては移籍以来一度も出てこないので、ちょっと心配になってきた。
 試合は前半はお互い高い守備意識をみせてスコアレス。後半の頭にファン・アラーノが個人技でゴールを決めて鹿島が先制。
 ようやく今年の鹿島の初ゴールが拝めた!――と喜んだのもつかの間。その後は打ち合いの展開に。すぐあとに鈴木武蔵にどんぴしゃのヘディングを決められて同点。そのあとセットプレーから町田がヘディングを決めて勝ち越すも、武蔵のFKが遠藤の頭にあたってコースが変わったオウン・ゴールで同点。そのあと途中出場のジェイにヘディングで2点を奪われての敗戦となった。
 そのあとの2セットでも4-5で負けて、トータルでは6-9での敗戦とのこと。どうにも守備が安定してなくて困りものだ。
 ま、結果は散々だけれど、あくまでも練習試合だし、とりあえずひさびさにサッカーが観られてよかった。
 いまはさっさとコロナ騒動が治まってくれるのを待つばかりだ。
(Mar. 21, 2020)