今週の一枚

更新履歴

2021-05-11『スタン・ゲッツ:音楽を生きる』 New!
2021-05-10J1 第13節・鹿島-F東京 New!
2021-05-05『2+0+1+1+3+1+1= 10 years 10 songs』
2021-05-03J1 第12節・横浜FC-鹿島
2021-05-01『マ・レイニーのブラックボトム』
これ以前の更新履歴はこちら

新譜

Latest Record Project, Vol. 1 Van Weezer Uh Huh Her ? Demos Endless Arcade Setting The Dogs On The Post Punk Postman SWEEP IT INTO SPACE McCartney III Imagined New Long Leg [輸入盤CD] (4AD0254CD)_1211 Half Drunk Under a Full.. sketchy. [輸入盤CD] (4AD0309CD) Green To Gold Half a Human

マンガ新刊

弱虫ペダル 72 (少年チャンピオン・コミックス) MFゴースト(11) (ヤングマガジンコミックス) あさドラ! (5) (ビッグコミックススペシャル) おとななじみ 6 (マーガレットコミックスDIGITAL) カッコウの許嫁(6) (週刊少年マガジンコミックス) アレンとドラン(5) (Kissコミックス) 東京トイボクシーズ 3巻: バンチコミックス 異世界居酒屋「のぶ」(12) (角川コミックス・エース) 僕のヒーローアカデミア 30 (ジャンプコミックスDIGITAL)

読書中

アーサーとジョージ ソラリス (ハヤカワ文庫SF)

準備中

スピード (字幕版) ソウルフル・ワールド (字幕版)

巷の噂

Google 検索

Google

最近の雑文

スタン・ゲッツ:音楽を生きる

ドナルド・L・マギン/村上春樹・訳/新潮社

スタン・ゲッツ :音楽を生きる

 村上春樹氏の翻訳によるジャズ界のレジェンド、スタン・ゲッツの伝記本。
 ジャズというと黒人音楽という先入観があるせいか、僕はこれまでスタン・ゲッツという人のことを名前しか知らなかったので、この本を読んで、ジョアン・ジルベルトの『イパネマの娘』を世界じゅうに知らしめたのがそのゲッツさんだと知って、少なからず驚いた。
 だってあれってジャズ・ナンバーなの? その曲が収録された大ヒット・アルバム『Getz/Gilberto』を聴いてみたけれど、やはりそれがジャズといわれても、いまいちぴんとはこない。基本的に半分は歌ものだし。ボサノバってジャズというよりもポップスよりではないでしょうか?
 少なくても僕には『イパネマの娘』の耳ざわりのよさは、フリージャズといわれるジャンルの難解さの対極にあるように思える。春樹氏があとがきで「スタン・ゲッツがいちばん好きだ」とは公言しにくいものがあったと書いているけれど、このアルバムを聴くとさもありなんと納得してしまう。
 とはいえ、マイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンらのジャズ界の巨人と肩を並べる名声を手にしていたスタン・ゲッツという人が、こういう新しくて親しみやすい音楽を率先して取り入れたのは素直にすごいなと思う。先入観にとらわれず、いいものはいいと受け入れて、世に問うてゆく姿勢は大事だろう。まぁ、その結果として硬派なジャズ・ファンにはそっぽを向かれたのならば気の毒だけれど……。
 僕もこの本を読みながらスタン・ゲッツの代表作といわれるアルバムをいくつか聴いてみたけれど、正直なところ、あまり盛り上がれなかった。基本的に僕はパーカッシヴな音が好きなので、サキソフォンという楽器のなめらかな音にはもともと感じるところが少ないような気がする。でもゲッツ氏のサキソフォンの音色に独特の色気があるのは、なんとなくわかるような気がしなくもなかったです、はい。
 ということで、とくにファンでもないミュージシャンについての伝記だし、でも春樹氏の翻訳だからなぁ……とあまり気乗りしないまま渋々読み始めたのだけれど、いやいやどうして、これが予想外におもしろかった。
 この本のおもしろさのいちばんの要因はその枝葉の広がりにあると思う。
 作者のドナルド・L・マギンという人は、スタン・ゲッツというミュージシャンの生涯を語るにあたって、本人のみならず、その周辺にいる人々や時代の風景を丹念に掘り下げてゆく。例えば若き日のゲッツ氏が所属したジャック・ティーガーデンやウディー・ハーマンのバンドにまつわる話が、ゲッツ氏本人の加入前までさかのぼって丁寧に紹介されたり、ゲッツ氏の二度目の結婚相手となるモニカの叔父がスウェーデンの貴族であり、ナチスの国家元帥ゲーリングと懇意だったというエピソードが延々と語られたりする。もしかしたらこの本の四分の一はスタン・ゲッツ本人には関係のない話なんじゃなかろうかってくらい。
 そんな風に視野を広げることによって、この本はスタン・ゲッツという一人のミュージシャンを定点にしながら、二十世紀の欧米の社会とジャズの歴史を俯瞰させるような内容になっている。そこがすごくよかった。
 スタン・ゲッツに興味のない人にもお薦めできる、非常に読みごたえのある――いや、いささか読みごたえがありすぎるくらいの一冊。
(May. 09, 2021)

鹿島アントラーズ3-0FC東京

J1・第13節/2021年5月9日(日)/カシマサッカースタジアム/DAZN

 いやー、FC東京が弱いっ。ここのところ4連敗中だとは聞いていたけれど、この試合も見るも無残な内容だった。長谷川健太が鹿島の監督だったら、この日の黒星で絶対に解任まちがいなしだろう。序盤戦はそこそこいい成績だったのに、なんでこんなことになっているんだか。
 この日の鹿島のスタメンはGK沖、DF常本、犬飼、町田、永戸、MF三竿、レオ・シルバ、松村、白崎、FW土居、荒木の11人。途中出場はファン・アラーノ、遠藤、ピトゥカ、上田綺世、小泉の5人だった。
 途中出場だけれどファン・アラーノが復帰! そして綺世も腕の怪我から早々と復活! この二点がチームとしては朗報。エヴェラウドの復帰とカイキのデビューも時間の問題だろうし、ピトゥカも調子が上向きっぽかったし、ブラジル人クインテットが全員集合したらどんなサッカーを見せてくれるのか、いまから楽しみだ。
 対するFC東京はなぜだかレアンドロと渡辺剛が不在。高萩もベンチで出番なしだし、10番の東は不出来で前半で交替させられちゃうし、まるでいいところがなかった。存在感があったのは、ディエオ・オリヴェイラと小川諒也、あとGKの波多野くらい(身長198もあんのね。でけー)。永井とか、レッズから移籍してきた青木とか、どこにいたんだかわからない。最終的にシュートはわずか2本、枠内にいたっては0というていたらく。なるほど、これでは連敗しているのも当然かもって思った。
 そんな不出来なFC東京相手に、こちらは前半から主導権を握る。22分には荒木の左CKから町田がみごとなヘディングを決めて先制。45分には松村が思い切りよく打ったシュートが左ポスト直撃して追加点。松村はこれがJ初ゴール! そのゴールの場面以外はいまいちだったけれど、とりあえず積極的なプレーが結果につながってなによりだった。
 後半の駄目押し弾は、途中出場どうしのコンビネーション。遠藤からのグラウンダーのクロスに綺世が右足ダイレクトであわせて、相手DFにあたったボールがゴールラインを割った。
 ということで、気がつけばこの日のゴールはすべて五輪代表世代の得点。しかも綺世、町田、荒木が通算4ゴールずつでチームの得点王争いをしている状況だ。将来有望な若者たちが競いあってチームを勝利に導いてくれていて嬉しいよ。守備の面でも2試合連続のクリーンシートだし、本当になぜザーゴにはこういう戦い方ができなかったのやら……。
 なんにしろ、ようやくこれで順位が一桁になった。前節までは鹿島、東京ともに勝ち点15で、10位と11位で並んでいたけれど――今年はそういう風に隣り合った順位のクラブと対戦することがやたら多い気がする――この日の勝利で勝ち点を18まで伸ばした鹿島が9位まで順位をあげた。勝ち点41と無敗で首位を独走する川崎の背中は遠くかすんで見えやしないけれど、とりあえず2位のグランパスになら追いつくのは不可能ではないくらいの距離感にはなったかなと。次節はその名古屋との再戦だ。きっちり前回の雪辱を果たして欲しい。
(May. 09, 2021)

2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs

RADWIMPS / 2021

2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs(Blu-ray付)

 対岸の火事という言葉があるように、他人の悲劇に共感をよせつづけるのは難しい。
 福島第一原発の事故があったことで、東日本大震災はすべての日本人にとって共通の大災害となったけれど、それでも実際にその震災によって人生を変えることを余儀なくされた被災地の人々と、その他の土地でのほほんと生きる僕らとでは決定的に温度差がある事実は否定できない。
 仮設住宅に暮らす人たちがいまだ何万人もいる状況下でオリンピックを招致しようなんて考える人がいたのがなによりの証拠だろう。家を失ったままの人々を助けることもしないでなにが世界の祭典だと思う。
 とはいえ、かくいう僕自身だって、いまとなれば普段は震災のことなんてすっかり忘れて暮らしているのだから偉そうなことはいえない。
 「原発が吹き飛ぼうとも 少年が自爆しようとも その横で僕ら愛を語り合う」
 このアルバムの四曲目、震災から四年後の三月十一日に発表した『あいとわ』の冒頭で、野田洋次郎はそう歌う。
 僕は他人の悲劇に対する僕らの心情をこれほど見事に表現した歌をほかに知らない。
 その曲を含めて、RADWIMPSは毎年三月十一日前後になるたびに震災についての思いを込めた新曲をYouTubeで発表しつづけてきた。
 おそらく五年目の『春灯』でいったん区切りをつけようと思ったんだろう。2017年だけはブランクになっているけれど、その翌年にはふたたび『空窓』を世に問い、それ以降はまた毎年新曲をリリースしつづけてきた。
 そして震災から十年目となる今年。それまでに発表した曲に新曲二曲を加えてまとめたのがこのアルバム。
 そういう性格の作品だから、収録曲はすべてバラードだけれど、曲調や歌詞の視点はその年の気分によってさまざまだ。その多様さこそが十年という歳月の長さを物語る。
 この作品を偽善的だとそしる人もいるかもしれない。もちろん僕はそうは思わない。野田洋次郎がこの作品に込めた思いにはひとつの偽りもないと僕は信じるし、少なくてもこのアルバムの収益で被災地を助けようとする行為は、なにもしない口先だけの人のそれよりも何倍も尊いと思う。
 こういう楽曲を十年かけてこつこつと発表しつづけてきた野田洋次郎という人に僕は最大限の敬意を表する。
(Apr. 25, 2021)

横浜FC0-3鹿島アントラーズ

J1・第12節/2021年5月1日(土)/ニッパツ三ツ沢球技場/DAZN

 ここまで1勝もできずに下平監督が解任されて、現在は早川知伸という人が指揮をとっている最下位の横浜FCとの対戦。
 やはり上田綺世は前節の怪我で全治3週間だそうで、この日の先発は、沖、常本、犬飼、町田、永戸、三竿、レオ・シルバ、荒木、白崎、土居、染野というメンバーになった。
 対する横浜には伊藤翔、伊野波という元鹿島のメンバーがいたり、ほかにも六反、マギーニョ、小川慶治朗といった、知った顔ぶれがいたりして、意外と侮れない感じだった。
 でもまぁ、今季背番号10を託した中村俊輔がベンチ入りしていないあたりで、方向性にぶれがある気がしてしまうのも仕方ないところ。去年のように走力重視の守備的なサッカーをするならば、俊輔にエースナンバーつけさせたりしないと思う。ベストメンバーで戦えない鹿島相手に3-0で負けてしまうあたり、やはり今年のJ1残留は難しいんだろうなと思わせた。
 鹿島の得点は先制点が白崎。荒木が打ったシュートの跳ね返りを頭でゴールへと流し込んだ。白崎ってなにげにポジショニングいい気がする。
 2点目は荒木がもらったPKを土居聖真が決めたもの。決めたというか、いったんは六反に止められたこぼれ球に反応してなんとか得点にした。キッカー務めるんならば、きちんと決めてくれないとなぁ……。とりあえず、外さなくてよかった。
 聖真はこれが今季初ゴールとのこと。そうでしたか……。そりゃ鹿島が勝てないのも納得だって思ってしまった。
 以上の2点が前半で、後半に入ってからの3点目は荒木のCKから町田のヘディング。その少し前にも犬飼のヘディングが六反のナイスセーブに阻まれたシーンがあったし、今年は両CBがセットプレーでこれぞ鹿島って仕事をしてくれている。
 荒木はいちおう全得点に絡んでいることになるけれど、観ている分には不思議とそれほどの大活躍って感じでもなかった。最近はすっかり自身のゴールから遠ざかってしまっているので、そろそろゴールが欲しいことだろう。
 以上の3得点に加えて、この日もクリーンシート。まぁ、対戦相手に恵まれた感もあるけれど、ザーゴのときには一度もなかった無失点試合が、相馬になってからすでに二度目ってあたりに鹿島らしさを取り戻しつつある感じがしないでもない。
 あえて苦言を呈するならば、この日の不満は、後半の選手交替が遅かったこと。
 ひとりめの白崎→松村こそ後半17分だったけれど、そのあとのディエゴ・ピトゥカ、遠藤、小泉、杉岡の投入は、43分過ぎだ。それはいささか遅すぎるでしょう?
 膠着した試合で選手を替えるのが難しい展開だったのならばともかく、前半だけで2点をリードしていたのだから、もう少し早めに動いて欲しかった。ピトゥカのJ1デビュー戦でもあったわけだし。わずか10分ばかりのプレーではモチベーションが上がらないだろう。観ているこちらも、いいも悪いもわからない。相馬さんにはもう少し積極的なベンチワークを見せてもらいたい。
 さて、監督交替からここまでは比較的順調にきたけれど、次からはFC東京、名古屋、マリノスと強敵がつづく。真価が問われるのはここからだ。いい試合を期待している。
(May. 02, 2021)

マ・レイニーのブラックボトム

ジョージ・C・ウルフ監督/ヴィオラ・デイヴィス、チャドウィック・ボーズマン/2020年/アメリカ/Netflix

 ネットフリックスで今年のアカデミー賞候補作品を観ようシリーズ。四本目のこれにてひとまず打ち止め。
 マ・レイニーという実在した伝説のブルース・シンガーのとある日のレコーディングにまつわるいざこざを描いた作品で、タイトルからなんとなくハッピーな映画を想像していたら、まるで違った。コメディ的な要素もなくはないけれど、あまり笑える感じの映画ではない。もとが舞台劇だそうで、なるほど十人たらずの登場人が織り成すぎすぎすした人間模様を描く、苦味のある映画だった。
 登場人物は、付き人ふたり(レズビアンの恋人と甥)を従えた傲慢なブルースの女王と、彼女に振り回されるレコード会社の白人経営者がふたり(親子?)。あと黒人四人組のバック・バンド。このバンドは最近加わった野心的な若いトランぺッターのせいで微妙な空気が漂っている。
 話を引っぱってゆくのは、ヴィオラ・デイヴィス演じる自分本位なブルースの女王マ・レイニーと、チャドウィック・ボーズマン演じるトランぺッター、レビィーの存在。でもって、とにかくこのふたりの演技がすごい。
 ヴィオラ・デイヴィスという女優さんのことを僕はほとんど知らないけれど――『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』に出演しているというので、オクタヴィア・スペンサーと勘違いしていた――ネットで観る写真とこの映画でのルックスの違いが強烈。太っちょのエキセントリックなブルース歌手役をみごとに演じきっている。
 チャドウィック・ボーズマンは『ブラック・パンサー』での王様としての端正な演技から一転、ここでは育ちの悪い黒人ミュージシャン役という、あちらとはまったく違う役どころを完璧に演じている。先日観た『ザ・ファイヴ・ブラッズ』でのイメージは『ブラック・パンサー』に近かったけれど、この映画の彼はまったく印象が違う。そうだとあらかじめ知らなかったら、僕らはチャドウィック・ボーズマンであることに気がつかなかっただろうってレベル。
 陽気だけれど内面に闇を抱えたトラブルメイカーで、キャラクターとしては決して魅力的な役どころとはいいがたいけれど、演技としては非の打ちどころがなかった。とくに少年時代のトラウマ経験を激白するシーンは息をのむほどだ。
 これが遺作となってしまったのが残念。本当に惜しい人を亡くしたと思う。
 ご冥福をお祈りします。
(Apr. 25, 2021)

【相棒】
しろくろや

【過去のコンテンツ】
Coishikawa Scraps Bootleg

【Shortcuts】
音楽 作品 / ライブ / エレカシ / 購入
作品 / 作家 / 翻訳家 / 読了 / 積読
映画 作品 / 監督 / 俳優 / 公開年 / シリーズ
蹴球 日本代表 / Jリーグ / 鹿島 / W杯

【新譜リリース予定】
05/14Daddy's Home / St. Vincent
05/14Delta Kream / The Black Keys
05/26ヨルシカ Live「前世」[BD] / ヨルシカ
05/28The Waves Pt.1 / Kele
05/28Reprise / Moby
06/09音楽 / 東京事変
06/11Blue Weekend / Wolf Alice
06/11No Gods No Masters / Garbage
06/16ぐされ [アナログ盤] / ずっと真夜中でいいのに。
06/16sha・la・la・la / 宮本浩次
06/16Pale Blue / 米津玄師
06/16White Chalk - Demos / PJ Harvey
07/09Exit Wounds / The Wallflowers
07/14松本隆 作詞活動50周年トリビュート / V.A.
07/28サンバースト / The Birthday
07/30Animal / LUMP
07/30Happier Than Ever / Billie Eilish
07/30Welcome 2 America / Prince

【ライヴ】
05/16ずっと真夜中でいいのに。@幕張イベントホール

【サッカーTV観戦予定】
05/12[J1 第14節] 名古屋-鹿島
05/15[J1 第13節] 鹿島-横浜FM
05/22[J1 第15節] 鳥栖-鹿島
05/26[J1 第16節] 鹿島-C大阪
05/30[J1 第17節] 川崎-鹿島

【新刊書籍】
05/26『ブリーディング・エッジ』 トマス・ピンチョン

【新刊コミックス】
05/19『ジョジョリオン (26)』 荒木飛呂彦
05/20『なまいきざかり。(21)』 ミユキ蜜蜂
05/28『細野不二彦初期短編集 A面』 細野不二彦
05/28『細野不二彦初期短編集 B面』 細野不二彦
06/04『ONE PIECE (99)』 尾田栄一郎