Welcome!

更新履歴

2020-09-21J1 第17節・C大阪-鹿島 New!
2020-09-16『今昔百鬼拾遺 月』
2020-09-14J1 第16節・清水-鹿島
2020-09-12J1 第15節・鹿島-仙台
2020-09-10『一人称単数』
これ以前の更新履歴はこちら

新譜

Alicia Find The Sun HOST To Bring You My Love ? Demos P.S. I love you(初回限定盤)(DVD付) American Head おいしいパスタがあると聞いて はじまっていく たかまっていくE.P. FALL TO PIECES 夏のせい ep (初回限定盤)(Blu-ray付) note Club Future Nostalgia (DJ Mix) [Explicit]

マンガ

ONE PIECE 97 (ジャンプコミックス) カカフカカ(11) (Kissコミックス) 大正ロマンポルノ (花とゆめコミックススペシャル) 僕のヒーローアカデミア 28 (ジャンプコミックスDIGITAL) MFゴースト(9) (ヤングマガジンコミックス) あさドラ! (4) (ビッグコミックススペシャル) SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん 15巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) テリトリーMの住人 11 (マーガレットコミックスDIGITAL) おとななじみ 4 (マーガレットコミックスDIGITAL)

読書中

クリスマス・プディングの冒険 (クリスティー文庫)

準備中

朗らかな皮膚とて不服 盗作 銀河鉄道の夜 (角川文庫) 忍法封印いま破る 忍法帖 (角川文庫) 十三の物語

巷の噂

Google 検索

Google

最近の拙文

セレッソ大阪1-2鹿島アントラーズ

J1・第17節/2020年9月19日(土)/ヤンマースタジアム長居/DAZN

 破竹の勢いで首位を独走する川崎フロンターレを勝ち点5の差で追う2位セレッソとの対戦。あちらさんもリーグ戦は6連勝中とのことで、好調どうしの上位対戦だけあって、とても見ごたえのある試合だった。
 鹿島のスタメンは沖、小泉、犬飼、関川、永戸、三竿、レオ・シルバ、ファン・アラーノ、和泉、土居、エヴェラウドの11人。
 どうやらこのメンツがザーゴの考える現時点でのベスト・メンバーらしい。町田、やはりレギュラー争いで関川に敗れる……。でもとりあえず町田はこの試合もベンチ入りして、後半途中から3バックでの守備固め要因として出番をもらっていた。
 対するセレッソは山形から移籍してきた坂元達裕という23歳の選手が今季の注目株らしい。柿谷、高木俊幸、西川潤、丸橋といった実績やネームバリューのある選手たちにベンチを温めさせてスタメンに名を連ねているのだから、それだけロティーナが高く評価しているってことなんだろう。実際にこの試合では彼のアシストから1点を奪われている。
 とりあえず、先制点は鹿島。和泉のシュートがGKキム・ジンヒョンに止められたそのこぼれ球にファン・アラーノが詰めていて、身体ごとボールを押し込んだ。ゴールマウス内に倒れこんだ相手DFにボールが止められたので、ゴールネットが揺れない泥臭いゴールだったけれど、あそこにいたからこその1点だからOK。ファン・アラーノが少しずつだけれど、点に絡んできているのもいい傾向だ。
 ただ、先制ゴールの喜びはそう長くつづかない。そのわずか4分後には右サイドをワンタッチ・パス2本で見事に崩され、最後は坂元のアシストからブルーノ・メンデスにフリーでシュートを決められてしまう。こちらの泥臭いゴールとは対照的なきれいな崩しだった。最近はミス絡みの失点が多い印象だったので、あそこまできれいに崩されての失点はひさしぶりな気がする。まぁ、それも右サイドからのパスの出所を止められなかったところからの失点だから、ある意味守備のミスかなのかもしれないけれど。いやしかし、敵ながらきれいなゴールでした。さすがにリーグ2位は手強い。
 この日の決勝点が決まったのは、後半に入ってすぐ。2点目も和泉のシュートのこぼれ球からだった。決めたのはエヴェラウド(通算11ゴールで得点王ランキング単独2位!)。いまや和泉のシュートは決まらないから、ちゃんとこぼれ球に反応しようというチームメイトの共通認識ができているのかもしれない(失礼)。
 結局その1点が決勝点。残り10分ちょっとという時間帯までスタメンを引っ張り、そのあと町田、荒木を入れ、ロスタイムに入ってから綺世、もうロスタイムを使い切ったってころに遠藤と永木を入れて、だらだらと逃げ切った。カードの切り方はもうちょっと効率よくできないのかって思う。ロスタイムからじゃ出てくる選手もモチベーションがあがらないだろう。ザーゴ采配に対する現時点での不満はそれくらいだ。
 この試合では沖が相手のシュート2本をたてつづけに止めて、勝利に貢献した。もう今年の正ゴールキーパーは沖で決まりみたいだ。となると、クォン・スンテとの契約もおそらく今年いっぱいだろう。出番がないのは気の毒だけれど、でもいつまでもクォンに頼っているわけにもいかないので、こればかりはいかんともしがたい。
 そういや、前々節で仙台が意外と多国籍……とか書いたけれど、セレッソもアルゼンチン人のデサバト、クロアチア人のヨニッチ、あと韓国人のキム・ジンヒョンにブラジル人のブルーノ・メンデスと四ヵ国の選手がプレーしていた。まあ考えてみると、歴代フィールド・プレーヤーはほぼ全員ブラジル人なんていうアントラーズが少数派なのかもしれない。
 なんにしろ、これにて全クラブとの一巡目の対戦が終了。ここ最近の6連勝で鹿島は自分たちより上位にいる2位から4位のチーム――C大阪、F東京、名古屋――に勝っている。たぶんここまでの全試合でシュート数では相手チームを上回っているし、これならば実質2位も同然(調子に乗っている)。川崎に追いつくのはさすがに難しいとしても、ベスト3に食い込むのは時間の問題って感じになってきた。こうなると本当に序盤に出遅れたのが悔やまれるよなぁ……。
 次節は前回の対戦で敗れた湘南戦だから、しっかり借りを返して連勝を伸ばしていただきたいと思います。
(Sep. 20, 2020)

今昔百鬼拾遺 月

京極夏彦/講談社ノベルス

今昔百鬼拾遺 月 (講談社ノベルス)

 予測的中――。
 去年刊行された『今昔百鬼拾遺』の三作品が一冊にまとまって再発売されました。それも、かの懐かしき講談社ノベルスから(わずか一ヵ月遅れで今週になって講談社文庫版も出た)。
 大幅な加筆・修正が施されているからといって――そういわれても、どこがどう変わったか、まるでわからなったりするんだが――去年読んだばかりの作品を再読している暇があったらほかの本を読めよって思う。でも読みたくなっちゃったんだからしかたない。やはり京極夏彦といえば講談社ノベルス。講談社ノベルスといえば京極夏彦。この組み合わせで新刊が出たら、そりゃ読まずにはいられますまい。
 ということで一年たたずして再読しました。中善寺敦子と呉美由紀というシリーズの名脇役である若き女性ふたりが探偵役を務める百鬼夜行シリーズの最新スピンオフ。
 去年文庫版で一遍ずつ読んだときには、若干のものたりなさを覚えた部分もなきにしもあらずだったけれど、やはり三作をつづけて一気に読むと満足度が違う。こうしてまとめて読むと、あの時にはうっとうしいと思った多々良先生でさえも愛おしい。京極夏彦はこのボリューム感あってこそなのだと再認識した。やっぱ薄い京極夏彦なんか京極夏彦じゃねー。
 ――とか、そんな失礼なことをいいつつも、今回これを読んでつくづく思いました。
 ぶあつい新書版って、なんて読みづらいんだ……。
 厚くて重いからページが開きにくくて手が疲れる。初めて『姑獲鳥の夏』を読んだ二十五年前と違って、こちらも老眼が進んでいるから、上下二段組の小さな活字もきつい。なるほど、分冊版の文庫が売れるのももっともかも……と思ってしまいました。
 京極夏彦を読んでみずからの老化を思い知った五十三歳の夏。新型コロナの夏。
(Sep. 15, 2020)

清水エスパルス1-2鹿島アントラーズ

J1・第16節/2020年9月12日(土)/IAIスタジアム日本平/DAZN

 4連勝中の鹿島のこの日の相手は現在5連敗中だという清水エスパルス。結果はこちらが連勝を5に伸ばし、あちらが6連敗と明暗が分かれた。
 清水の監督のクラモフスキーという人は、去年までマリノスでポステコグルーの下でヘッドコーチを務めていたそうで、なるほど、序盤のエスパルスは攻撃的でとてもいいサッカーをしていた。Jリーグは実力均衡で楽な相手ってないよなぁと思いながら観ていた。
 この日のスタメンはGK沖、DF小泉、犬飼、町田、杉岡、MF三竿、レオ・シルバ、ファン・アラーノ、和泉、FW土居、エヴェラウドの11人。
 前節まで固定されていた最終ラインのメンツが変わった。町田がおよそ1ヵ月ぶりにスタメン復帰。杉岡もひさびさに出てきた。
 杉岡の起用に関しては永戸を休ませるのが主な目的で、次節はきっとまた永戸が帰ってくるんだろうけれど、町田についてはわからない。次節で町田と関川、どちらが起用されるかはちょっと注目だ。
 試合については、前述のとおり、立ち上がりはエスパルスのペースだったけれど、10分かそこらでアントラーズもリズムよくボールをまわせるようになり、29分にはエヴェラウド、その3分後には土居にゴールが生まれて、エスパルスを圧倒。ふたりには他にも惜しいシュートが1本ずつあったし、後半途中でふたりがそろって引っ込むまでは4-0とかになっていてもおかしくない試合展開だった。
 殊勲のツートップが綺世、荒木の若いふたりにかわってからは、悪くはないけれど、決めきれもしない展開がつづいた。でもまぁ、この調子ならば勝ちは間違いないだろう――きょうこそはクリーンシートでゆけそう――と思っていたら、後半途中から出てきたティーラシンにゴールを許して1点差とされてしまう。やっぱ守り切れねー。
 ――ってでもまぁ、あれは短い出場時間でワンチャンスをものにしたティーラシンが上手かった。さすがタイの英雄、勝負強い。
 これで1点差となってしまい、終盤はセットプレーのたびにひやひやしたものの――なんたって今年の鹿島はセットプレーからの失点が多いし、対する相手は総得点の半分以上がセットプレーからだというし――その後はなんとかしのいでそのまま試合終了。みごと5連勝を成し遂げた。
 清水では10番のブラジル人、カルリーニョス・ジュニオがやはりちょっと目立っていたくらい。あとはGKがかつてFC東京にいた大久保択生で、DFに東京からレンタル中の岡崎慎と五輪代表の立田がいて、途中出場でドゥトラが出てきた。知っている選手はそれくらい。エウシーニョやファン・ソッコもいなかったので、台所事情が苦しいのかもしれない。あ、でも現役高校生の成岡輝瑠{なるおかひかる}という選手が後半から出てきて注目を浴びていた。最近は若くて上手い選手がどんどんでてきていてすごいな。
 ま、なんにしろこれで暫定ながら順位も5位まで上がりました。ここまで1節多く消化しているので、この試合でちょうどリーグ戦の半分を消化したことになる。
 一つ下にいるレッズ他6~9位のクラブより1、2試合多いので、それらのクラブの成績によっては9位まで下がる可能性もあるけれど、でもとりあえず序盤戦の低調さを考えれば、この順位は上出来でしょう。今年はリーグ1位と2位が天皇杯決勝を戦う可能性が高いので、4位までに入れば来年のACLに出場できる可能性大。なんとしてもそこまでは順位をあげたいところだ。
(Sep. 13, 2020)

鹿島アントラーズ2-1ベガルタ仙台

J1・第15節/2020年9月9日(水)/カシマサッカースタジアム/DAZN

 今季初めて勝ち星が先行した。順位も暫定ながら7位まで上がった。なんでも4連勝は3年ぶりだとかいう話だ。やっぱサッカーは買ってなんぼだなぁと思うきょうこの頃――とかいっていると、毎年下位に沈んでいるクラブのサポーターに怒られそうだけど。なんにしろ、調子が上向きでめでたい。
 この日の対戦相手はベガルタ仙台。梁勇基がいなくなってしまって以来、いまいちチームの顔が定まらない感があるけれど、この日のスタメンはなかなかおもしろかった。
 GKがポーランド人のスウォビィク、DFにはモザンビーク人のシマオ・マテがいて、FWのゲデスがポルトガル人。さらにはジャーメイン良とか、途中出場の金正也{キム・ジョンヤ}とか、見た目や名前は外国人と思わせておいて、じつは日本人って選手もいる(在日韓国人は日本人ではない?)。さらには元海外組の関口がいて、途中出場で長沢や兵藤が加わるという。そんな多国籍軍っぽさが、なんかちょっとおもしろかった。指揮を執っているのは木山隆之という聞いたことのない人。
 対するこちらのスタメンは、GK沖、DF小泉、犬飼、関川、永戸、MF永木、三竿、ファン・アラーノ、荒木、FW土居、エヴェラウドというメンツ。このところ、うしろの5人と前のふたりはすっかり固定されている。途中出場は遠藤、綺世、レオ・シルバ、和泉、奈良の5人だった。
 先制ゴールは前半ロスタイムのエヴェラウド(3試合ぶり9点目)。ペナルティ・エリア内に侵入した小泉がGKの裏をかいてブロックをかわし、ゴールラインぎりぎりから入れたラストパスを頭で押し込んだ。あれは半分は小泉の得点だ。ナイス。
 2点目は途中出場の綺世の個人技。左サイドで最終ラインからのロングボールを受けた綺世は、ペナルティ・エリアに切れ込んで相手DFを一枚かわすと、そのまま豪快なシュートをファーサイドに放り込んでみせた。
 その時間帯にはひやひやするシーンもあったから、この追加点はでかかった。おかげで勝利を確認できた。サンキュー、綺世。
 惜しむらくは、さぁ、あとはクリーンシートで試合を終えるだけ……と思ったそのあとに失った1点(CKからのこぼれ球を長沢に決められた)。それも奈良を入れて守備固めに入ってからの失点だったからいただけない。点は取れるようになったけれど、どうにも守備はいつまでたってもピリッとしなくて困りものだ。
 でもまあ、一時期に比べれば全体的によくなったのは確か。犬飼とか今年はずいぶん成長したなぁって思うし。関川も――正直まだまだ頼りないけれど――それほどミスが目立たなくなってきたかなとは思う。その結果がこの4連勝なんだろうから、まあよしとしよう。やっぱ勝つって気持ちいい……。
(Sep. 10, 2020)

一人称単数

村上春樹/文藝春秋

一人称単数

 怠けていたら読み終わってから一ヵ月もたってしまった村上春樹の最新短編集。
 今回の作品は表紙のデザインやそっけないタイトルに「らしからぬ」雰囲気があるけれど、こと内容に関しては、これぞまさに村上春樹のスタンダードといいたくなる短編集だった。
 イタリア料理店でバイトをしている大学生がなりゆきで職場の女性の先輩と一夜をともにする『石のまくらに』や、とくに仲がいいわけでもない女の子の演奏会に招待された青年の奇妙な体験を描く『クリーム』、ガールフレンドのお兄さんに芥川龍之介の短編を朗読して聴かせる『ウィズ・ザ・ビートルズ』などの作品は、まるで『ノルウェーの森』のサイド・ストーリーみたいだ。
 チャーリー・パーカーの架空のアルバムに関する不思議な話『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』、「これまで僕が知り合った中でもっとも醜い女性」(原文まま)についての『謝肉祭』、スーツを着てバーで本を読んでいた語り手が知らない女性にこっぴどく罵られる表題作などには、語り手は春樹氏その人なのではと思わせる雰囲気がある。
 『「ヤクルト・スワローズ詩集」』の語り手にいたっては、そのものずばり春樹氏自身だし――これが小説なのかエッセイなのか、いかんとも判断できないけれど――おまけに『東京奇譚集』に収録されていた『品川猿』が再登場する『品川猿の告白』というサプライズも収録されているという。
 ということで、もしも村上春樹という人が好きならば、これは絶対はずれなしって短編集なのではと思います。
 でもファンでない人にとっては……どうなんだろう? よくわからない。
(Sep. 07, 2020)

これ以前の更新履歴はこちら
【相棒】
しろくろや

【過去のコンテンツ】
Coishikawa Scraps Bootleg

【Shortcuts】
音楽 CD/DVD / ライブ / エレカシ / 購入
作品 / 作家 / 翻訳家 / 読了 / 積読
映画 作品 / 監督 / 俳優 / 公開年 / シリーズ
蹴球 日本代表 / Jリーグ / 鹿島 / W杯

【新譜リリース予定】
09/23THE ESSENTIAL TRACKS MOTOHARU SANO & THE COYOTE BAND 2005-2020 / 佐野元春 & THE COYOTE BAND
09/23ギガアイシテル / レキシ
09/25What You Gonna Do When The Grid Goes Down? / Public Enemy
09/25By The Fire / Thurston Moore
09/25The Ascension / Sufjan Stevens
09/25Generations / Will Butler
10/02Shiver / Jonsi
10/09Atlas Vending / METZ
10/07real light real darkness / YUSUKE CHIBA -SNAKE ON THE BEACH-
10/07MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004 / 佐野元春
10/23Letter To You / Bruce Springsteen
10/23Song Machine: Season One - Strange Timez / Gorillaz
10/30Hey Clockface / Elvis Costello
11/04BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark TOKYO DOME / BUMP OF CHICKEN
11/11ヒマワリ/オルゴール / The Birthday
11/18ROMANCE / 宮本浩次

【サッカー観戦予定@TV】
09/19[J1 第17節] C大阪-鹿島
09/23[J1 第18節] 鹿島-湘南
09/27[J1 第19節] 鹿島-大分

【新刊書籍】
10/07『「グレート・ギャツビー」を追え』 ジョン・グリシャム

【新刊コミックス】
09/23『GIANT KILLING (56)』 ツジトモ・綱本将也
09/23『レディ・ロウと7日の森 (1)』 一色まこと
09/25『ラララ (9)』 金田一蓮十郎
09/30『バディドッグ (10)』 細野不二彦
10/08『弱虫ペダル (69)』 渡辺航
10/13『ちはやふる (45)』 末次由紀
10/13『七つ屋志のぶの宝石匣 (12)』 二ノ宮知子
10/16『MAO (6)』 高橋留美子
10/16『ジョジョリオン (24)』 荒木飛呂彦