今週の一枚

更新履歴

2021-04-10『クララとお日さま』 New!
2021-04-08J1 第8節・鹿島-柏
2021-04-06『ミッドサマー』
2021-04-04J1 第7節・浦和-鹿島
2021-04-02『ゾンビランド:ダブルタップ』
これ以前の更新履歴はこちら

新譜

New Long Leg [輸入盤CD] (4AD0254CD)_1211 Half Drunk Under a Full.. sketchy. [輸入盤CD] (4AD0309CD) Green To Gold Half a Human Young Shakespeare -Digi- La Face de Pendule a Coucou Chemtrails Over The Country Club 2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs(Blu-ray付) aiko どうしたって伝えられないから 初回限定盤A CD+Blu-ray Stories From The City, Stories From The Sea ? Demos 1970

マンガ

東京トイボクシーズ 3巻: バンチコミックス 異世界居酒屋「のぶ」(12) (角川コミックス・エース) 僕のヒーローアカデミア 30 (ジャンプコミックスDIGITAL) さよなら私のクラマー(14) (月刊少年マガジンコミックス) ハコイリのムスメ 11 (マーガレットコミックスDIGITAL) ハイスコアガール DASH 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) MAO(8) (少年サンデーコミックス) ちはやふる(46) (BE・LOVEコミックス) カカフカカ(12) (Kissコミックス)

読書中

スタン・ゲッツ :音楽を生きる

準備中

ぐされ
Da 5 Bloods -Coloured- [Analog]
ザ・ファイブ・ブラッズ
(映画)
教会で死んだ男 (クリスティー文庫)
The Trial of the Chicago 7: The Screenplay (English Edition)
シカゴ7
裁判
(映画)

巷の噂

Google 検索

Google

最近の雑文

クララとお日さま

カズオ・イシグロ/土屋政雄・訳/早川書房

クララとお日さま

 ノーベル賞・受賞後初となるカズオ・イシグロの最新長編。これが笑っちゃうくらいイシグロ節全開だった。
 今回、世界のイシグロが選んだ語り手は、クララという名のAI搭載の少女ロボット――もしくはアンドロイド。作品中ではどちらの言葉も用いられず、「AF」と表現されている。「人工知能」ならぬ「人工フレンド」ということらしい。
 舞台となるのは近未来のイギリス――たぶん。「パリに行ったことがある?」みたいなセリフがあったので、いずれによせ欧州のどこか。その社会では十代の少年少女にAFと呼ばれるロボットをコンパニオンとして付き添わせるのがトレンドになっている。あと、社会的に成功するには、子供のうちにある種の手術を受けることが必要とされているっぽい。でもそれによって命を落とす子供たちもいる。
 主人公のクララが買い取られていった家庭でも、その手術のために上の子を失っていて、クララの親友となる次女ジョジーも深刻な障害を抱えている。もしかしたら社会環境に子供たちの命にかかわる放射能のようなものが蔓延していて、それから助かるために手術が必要なのかもしれないけれど、その辺はまったく説明されていないので理由はよくわからない。
 いずれにせよクララは病弱な少女のつきそい役としてその家庭に受け入れられ、その子を元気にするために、懸命に尽くそうとする――のだけれども。
 この世界のAIはいまだ黎明期で、クララは手足を動かすにも膨大な学習が必要なレベル。現状認識も微妙にピントがずれている。思考がいかに論理的であろうとも、人間にとってのコモン・センスが前提条件としてインプットされていないから、とんちんかんな結論に達したりする。
 このずれ具合こそがイシグロのイシグロたるゆえんだ。信頼できない語り手ここに極まれりな感あり。クララが善意から繰り出すナンセンスな思考や行動にもやもやする感じ――これこそ僕にとってのカズオ・イシグロだって気がした。
 後半でジョジーの母親が藁にもすがる思いで進めていた計画があきらかになるあたりには、ある種のサイコ・スリラー的な怖さがあってすごい。一瞬の地獄絵図が垣間見えるその部分が僕にとってはこの作品のクライマックスだった。
 ただ、その方向で突き進んでゆけば、とんでもない話になりそうだったのに、そうはなっていないのが味噌。結末は意表をつくファンタジーな仕上がりになっている。これには驚いた。え、そんなのあり? と思いました。
(Apr. 06, 2021)

鹿島アントラーズ2-1柏レイソル

J1・第3節/2021年4月7日(水)/カシマサッカースタジアム/DAZN

 いやー、リーグ戦では5試合ぶりの勝利。前回勝ったのは3月10日とかいっちゃって。もう一ヵ月近く前じゃん……。なんか喜んでいいのやら、嘆いていいのやら、複雑な気分。
 ひさびさの白星を飾ったスタメンは、沖、小泉、犬飼、町田、永戸、船橋、レオ・シルバ、ファン・アラーノ、荒木、上田、エヴェラウドというメンツだった。
 なんと、前節でどこがよかったんだかわからないルーキー船橋が三竿を押しのけて初スタメン。まぁ、三竿も今季は最初からぴりっとしないので、活を入れる意味もあるのかもしれない。
 船橋はルヴァン杯で福岡に5-1で大勝した試合で活躍したらしいのだけれど、いったいどんなにすごいプレーをしたのやら。この試合では序盤に、柴崎っぽいスルーパスを通すシーンがあって、なるほど、こういうセンスがザーゴのお気に召したのかと思った。でも、やっぱ守備面ではまだまだものたりない。現状では三竿や永木を差し置いてのスタメンは時期尚早ではないかと思うんだが。
 まぁ、なんでも噂の新外国人ピトゥカが先週ようやく来日したそうなので(祝)、今月の後半にになればその人が出てきて、ボランチのレギュラー争いはなおさら熾烈になるんだろう。そうなると三竿の立場もどうなることやら。
 対するレイソルは得点王オルンガをオイルマネーで引き抜かれて得点力半減、今年はわかりやすく苦境に陥っている。順位は降格圏内の17位。でもって鹿島がその上の16位。つまりこの試合は降格争いのボーダーラインを跨いでの直接対決だったわけだ(ちと情けない)。
 ということで、ともに今季は得点力不足に悩む実力チームどうし。この日の試合もなかなか点が入らない渋い内容になった。
 試合が動いたのは後半18分。DFラインの裏をとってファン・アラーノからのスルーパスを受けた上田綺世がGKのキム・スンギュをかわして技ありの今季初ゴール! ようやくエースの片方が大きな仕事をしてくれた――と喜んだのもつかの間。
 そのわずか2分後に、自軍まで下がってボールを受けたエヴェの不用意なバックパスからピンチを招き、途中出場の仲間隼斗という選手に見事なゴールを決められてしまう。
 この試合ではエヴェラウドに限らず、そういう危なっかしいパスがすごく多かった。その後もサイドからクロスを入れられて間一髪!――ってシーンが二度、三度。もういつ逆転ゴールを奪われてもおかしくないような感じだったから、きょうもまた駄目なのかも……と思った。そんな試合を救ったのは、そこから途中出場で出てきた選手たち。
 まずは同点ゴールの直後に登場したのが故障明けの土居聖真。そして残り時間10分ちょいという時間帯にいっきに四人替えという荒技で出てきたのが、白崎、三竿、永木、染野ら。まぁ、彼らが出てきたから極端に内容がよくなった、なんてこともないんだけれど、やはり三竿と永木のダブル・ボランチには守備的な面での安心感があるし、中盤のつなぎ役として土居の存在感はとても大きかった。
 そして、ここぞで重要な決勝ゴールを決めてくれたのが白崎! 前節で僕がくさした白崎がチームに勝利をもたらし、逆に僕が先発出場を期待したファン・アラーノがこの日は球離れの悪い、視野の狭いプレーで失望の的となるという。サッカーって難しいよねぇって思わせる試合でした。
 まぁ、とりあえず勝ててよかった。でも、すでに首位との勝ち点差が18とかいって、洒落になっていないけれど。
(Apr. 07, 2021)

ミッドサマー

アリ・アスター監督/フローレンス・ビュー、ジャック・レイナー/2019年/アメリカ、スウェーデン/WOWOW録画

ミッドサマー(字幕版)

 短期集中・春のホラー映画特集の最後の一本は、去年公開されて一部の人たちに熱狂的に支持されたらしいエキセントリックなホラー映画。
 フローレンス・ビューという小柄でぽっちゃりとした女の子が演じる主人公のダニーは精神的に問題をかかえた女子大生。物語の冒頭でいきなり妹が両親を道連れにして無理心中をはかったことで、心に深い傷を負うことになる。
 そんな彼女が恋人に誘われて、彼の友達ら三人とともに欧州旅行にでかける。目的地は仲間のひとりであるスウェーデン人の故郷である山奥の村。そこは古代から連綿とつづく独自のルールに従って暮らす人々が集まったコミューンだった。全員が白い衣装をまとい、自然とともに穏やかに暮らすその共同体には、現代人の価値観とは相容れない、ある特異な風習があったことから、旅人たちは思いもしない事態に巻き込まれてゆく……。
 いやはや、ホラー映画といっても、いろいろだなぁと思う。この映画にはゾンビもスーパーナチュラルな殺人鬼も出てこない。超常的なことはいっさい起こらない。でもこれがホラー映画に分類されるのは、そこで起こる殺人が殺人として裁かれないから――なんだろうなと思った。
 要するに、法律で裁くことのできない殺人を描く映画こそがホラー映画ということなんだろう。そういう意味ではこれはまさにホラー映画だ。残酷シーンはそれほどないけれど、人の命が(僕らの感覚からすると)不条理な形で奪われる。
 いずれにせよ、この映画はここ最近観てきた他の作品とは根本的に性格が違う。まぁ、今月僕が観た映画は最初の一本以外はどれもあまりホラー映画っぽくない作品ばっかりだったけれど、でもこれは確実に異質。
 そもそもホラー映画って、びっくり要素が必要だからか、どれも短いところがいいなと思っていたのに、この映画は長い。今月観た映画が軒並み一時間半ちょいだったのに対して、この映画は二時間半近い。最初から最後まで、ひとつひとつの描写がゆっくりと静かで不気味。終始不安感をかきたてるような空気が漂っていて、それが絶えずつづくという……。
 なんかじわじわと不快感を煽られるようで、なんともいえないあと味の残る映画だった。怖いというよりは、おぞましいって感じ。確かに個性的でインパクトのある作品ではあるけれど、正直なところあまり好きとはいえません。
 とりあえず、日本を舞台にしてもまったく違和感のないリメイクが作れそうな話だと思った。
(Mar. 21, 2021)

浦和レッズ2-1鹿島アントラーズ

J1・第7節/2021年4月3日(土)/埼玉スタジアム2002/DAZN

 痛恨の3連敗……。あぁ、今年もやはり駄目なのか……。
 これまでは勝てなくてもザーゴの采配にはそれほど不満はなかったのだけれど、この試合の敗因は完全にザーゴの選手起用ミスだと思った。
 犬飼を前節のレッドカードによる出場停止で、土居を故障で欠いたこの日のスタメンは、沖、常本佳吾、関川、町田、永戸、レオ・シルバ、三竿、荒木、白崎、上田綺世、エヴェラウドという11人だった。
 大卒ルーキーの常本が初スタメン――これがこの試合のいちばんの間違いだと思う。常本はあまりにプレーに安定感がなさすぎた。犬飼がいない右サイドで、関川との若いコンビでは相手の攻撃をきちんと止められない。先制点の場面では得点者の明本がノーマーク、決勝点となったPKも常本が明本を倒して与えたものだった。
 攻撃での貢献もほとんどないし、守備は不安定って。きょうの常本はとても鹿島の右サイドを任せられるレベルじゃないでしょう? なぜに小泉、広瀬、永木ではなく、常本がスタメンなんだか、まったくわからなかった。彼ら三人ともベンチ外だったけれど、よもや三人そろって怪我しているわけではないよな? そもそも初スタメンの選手を起用しておきながら、そのバックアップのメンバーがベンチ入りしていない時点でNGでしょう。
 もうひとつの疑問は白崎の起用。白崎がひどかったというわけではなく――まぁ、いまいち存在感はなかったけれど――ファン・アラーノが今年は成長の跡がうかがえると思っていたので、なぜここで彼ではなく白崎がスタメンなのかが疑問だった。とはいえ、こちらは後半途中から出てきたファン・アラーノの出来がそれほどよくなかったので、だから白崎だったのかと思いはしたけれど……。
 なんにしろ、土居と犬飼という好守の要をふたり欠いた状態で、ルーキーのサイドバックと出場機会が少なくて連携いまいちなMFを加えて強くなるはずがない。
 前節までは負け試合でも基本的にボールを保持して、試合を作れていたから、あとはフィニッシュの精度だけだと思っていたけれど、この試合ではレッズにセカンド・ボールを拾われまくって、終始後手にまわっていた。こんなんで勝てるわけがない。試合後のインタビューでザーゴが自ら「就任以来もっとも出来の悪い試合」だと断言していたけれど、なんだやっぱ本人もそう思ったのかと膝を打ってしまった。
 そうそう、もうひとつこの日のザーゴ采配で疑問だったのが、後半の選手交替。途中から出てきたのは松村、遠藤、ファン・アラーノと、そしてユース上がりのルーキー舩橋佑だった。で、これがJリーグ・デビューの船橋がなんと、三竿と交替でボランチに入った。
 これまでもザーゴが負けている試合で三竿を下げることはあったけれど、それはたいていボランチを一枚にして、攻撃の枚数を増やすためだった。でもこの日はなんと三竿のポジションにそのまま船橋が入った。
 これがよくわからない。それでなにが変わったかというと、なにも変わらなかった。――というか、逆に中盤の構成力が下がって、勝ち目が減ったようにしか思えなかった。船橋はゴールキックからのつなぎのボールを相手に奪われて、あわやってピンチを招いたりしていたし、いったいザーゴは負けている試合で18歳のルーキーになにを期待していたのやら。現時点でキャプテン三竿を上回るなにかを持っているような子には見えなかったんだけれど。ほんとこの日のザーゴの采配は謎だらけだった。負けが混んできて焦るあまり、冷静な判断ができなくなっているんじゃなかろうか。
 対するレッズも、今年はリカルド・ロドリゲス監督のもと新体制となって、ここまで成績が上がらず。補強に失敗したんだかなんなんだか、ベンチ入り含めてスタメンは全員日本人だし、興梠や杉本がベンチを温めている一方で、明本、小泉、武田といった「誰それ?」って選手らがスタメンに名を連ねていたので、きっといまだ試行錯誤を繰り返している状態で、鹿島同様、出来はいまいちなんだろうと思っていたら、意外や意外、そうでもない。きちんとパスをつないで積極的に攻撃を仕掛けてくる。なんだよ、去年よりぜんぜんいいじゃん! でもって、誰それって思った明本にまさか1ゴール1アシストを喫しようとは……。でもってそれをアシストしたのが神戸から移籍してきたばかりの西大伍という……。怪我で出遅れてこの日が初スタメンだったという西に先制アシストを許すあたりも残念ポイントだ。
 殊勲の明本は栃木、小泉は琉球からの移籍組だそうだ(武田は高卒2年目)。浦和みたいな金持ちクラブがなんで外国人ではなくJ2の選手を獲得しているんだって思ったけれど、ちゃんと使える選手選んでるのね……。そういや、ロドリゲス氏って去年まで徳島の監督だったんだっけ。もしかしてJ2の対戦相手だったクラブから目をつけた選手を直接ひっぱってきたのか。そりゃ侮れないな。
 なんにしろ、鹿島にとっては駄目だめな試合でした。スコア上は2失点で済んでいるけれど、それは関根に決められた3点目がVARで取り消しになったからだ(途中で武藤がハンド)。槙野のゴールが興梠のオフサイドで取り消されもした。あれらが決まっていたら、ほんともう目もあてられなかったよ。せっかく関川がプロ初ゴールを決めたのに、これでは喜びも半減以下だろう。
 この日は上田が開幕戦以来のスタメンに復帰したけれど、やっぱ彼とエヴェラウドのツートップがいまだノーゴールではなぁ……。やっぱ勝てないよなぁ。
 とりあえず、次だ次。次節、犬飼が帰ってきてどうなるかに注目だ。これ以上負けが混むようだと、今シーズンは最後まで観ないで途中で離脱するかも……。
(Apr. 03, 2021)

ゾンビランド:ダブルタップ

ルーベン・フライシャー監督/ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・ブリスリン/2019年/アメリカ/WOWOW録画

ゾンビランド:ダブルタップ (字幕版)

 もう一本、コメディ・タッチのホラー映画の続編。
 『ゾンビランド』の主演四人がそのまま続投して、あの映画の後日談を描いた新作なのだけれども――。
 この作品に関しては、前作から十年が過ぎてしまっているのが最大の問題だと思う。話の流れ的にはあのあとすぐって感じなのだけれど、実際には十年がたっているせいで、前作では十二、三歳だったアビゲイル・ブリスリンがすっかり大人になってしまっている。その違和感が正直なところ残念。
 あとの人たちはそれほど変わっていないけれど、とにかくアビゲイルちゃんは育ちすぎ。あくまでも主演四人のキャスティングにこだわるならば、十年という歳月を踏まえたシナリオにするべきだったのではと思うし、そうでないならば、アビゲイル・ブリスリン演じるリトルロックの配役は変えるべきだったと思う。コロンバスとウィチタの関係からすれば、前作からそんなに長い時間がたったとは思えないのに、リトルロックだけすっかり大人になっているという点がどうにもしっくりとこなかった。
 ――まぁ、とかいいつつ、僕はジェシー・アイゼンバーグとエマ・ストーンがカップルになったことも忘れていたような観客なので、なにを偉そうにって話ですが。
 それにしても『キック・アス』の続編でも思ったことだけれど、ハリウッドの脚本家たちはなぜに一作目で美女を射止めたオタクな主人公に二作目で浮気をさせたがるかな。納得がいかない。もてない男はもっと純情であって欲しいよ。
 ということで、そこそこ笑えはしたけれど、この内容ならば、べつになくてもよかったかなって続編だった。
 そういや、ウディ・ハレルソンといい仲になるタフな黒人女性を演じているのはロザリオ・ドーソンですって。『デス・プルーフ』を観てからすでに十年以上もたつので、まったく気がつかなかった。
(Mar. 21, 2021)

【相棒】
しろくろや

【過去のコンテンツ】
Coishikawa Scraps Bootleg

【Shortcuts】
音楽 作品 / ライブ / エレカシ / 購入
作品 / 作家 / 翻訳家 / 読了 / 積読
映画 作品 / 監督 / 俳優 / 公開年 / シリーズ
蹴球 日本代表 / Jリーグ / 鹿島 / W杯

【新譜リリース予定】
04/16McCartney III Imagined / Paul McCartney
04/23Sweep It Into Space / Dinosaur Jr.
04/30Luke Haines In...Setting The Dogs On The Post Punk Postman / Luke Haines
04/30Endless Arcade / Teenage Fanclub
04/30Uh Huh Her - Demos / PJ Harvey
05/07Latest Record Project Vol.1 / Van Morrison
05/07Van Weezer / Weezer
05/14Daddy's Home / St. Vincent
05/26ヨルシカ Live「前世」[BD] / ヨルシカ
06/16ぐされ [アナログ盤] / ずっと真夜中でいいのに。
07/28サンバースト / The Birthday

【ライヴ】
05/16ずっと真夜中でいいのに。@幕張イベントホール

【サッカー観戦予定】
04/11[J1 第9節] 札幌-鹿島
04/17[J1 第10節] 徳島-鹿島
04/24[J1 第11節] 鹿島-神戸

【新刊コミックス】
04/14『アレンとドラン (5)』 麻生みこと
04/16『カッコウの許嫁 (6)』 吉河美希
04/23『おとななじみ (6)』 中原アヤ
04/30『あさドラ! (5)』 浦沢直樹
05/06『MFゴースト (10)』 しげの秀一
05/07『弱虫ペダル (72)』 渡辺航
05/19『ジョジョリオン (26)』 荒木飛呂彦
05/20『なまいきざかり。(21)』 ミユキ蜜蜂