Menu

Recent Notes

  1. 盗作 / ヨルシカ
  2. 朗らかな皮膚とて不服 / ずっと真夜中でいいのに。
  3. レキツ / レキシ
  4. 正しい偽りからの起床 / ずっと真夜中でいいのに。
  5. 夏草が邪魔をする / ヨルシカ
    and more...

盗作

ヨルシカ / 2020 / CD+本

盗作

 ずとまよと並んでいまいちばん新作が楽しみなバンド、ヨルシカが前作『エルマ』から一年もせずにリリースした三枚目のフル・アルバム、これがまたとても個性的な作品で、「自分の作品はすべて過去の名曲の盗作だ」とのたまう音楽家を主人公にしたコンセプト・アルバムとなっている。
 『盗作』という物騒なアルバム・タイトルのみならず、このアルバムのほとんどのボーカル曲には犯罪がらみのタイトルがつけられている。『昼鳶』『春ひさぎ』『爆弾魔』『盗作』『思想犯』『逃亡』『夜行』……。最初の『昼鳶』は空き巣の隠語で「ひるとんび」と読むそうだけれど、そんな言葉、僕は初めて知った。四曲のインスト・ナンバーではベートーヴェンの『月光』のほかにも、僕などが知らないクラシック曲がいくつも引用されているようだし、n-bunaは僕の半分も生きていないのに、僕の何倍も物知りな気がする。
 ということで、アンダーワールドな題名の曲がずらりと並んだこの作品だけれど、そこはn-bunaの作品なので、だからといって単に暗い心情を溢れさせただけで終わったりはしない。随所に散りばめられた美しい旋律や情感たっぷりな風景描写は今回も健在。なかでも『花人局{はなもたせ}』――美人局{つつもたせ}に花を組み合わせた造語とのこと――は本当に美しくて個人的にお気に入り。あと『思想犯』の冒頭で「人を呪うのが心地良い」なんて憎まれ口をたたいておきながら、最後につい「また明日。口が滑る」と本音がこぼれ出てしまうところがすごくらしくて好きだ。
 音楽的にも多様性を深めていて、スラップ・ギター(チョッパー・ベースみたいなアコギの奏法をそう呼ぶらしい)のイントロが印象的な『昼鳶』や、ピアノ主体のジャズっぽい『春ひさぎ』や『逃亡』など、シンプルなギター・サウンド中心だった以前の作品よりも、確実にアレンジの幅が広がっている。『昼鳶』や『思想犯』でのsuisの低音を生かしたボーカルも、今回の作品の世界観にマッチしていて素晴らしい。
 あと、おっと思ったのがこの作品のコンセプトが生まれるきっかけとなったという『爆弾魔』の再録バージョン。アレンジ自体は『負け犬にアンコールはいらない』収録のバージョンとそんなに大きく変わってはいないけれど、若干音数が増えて、より演奏がシャープになり、そして特筆すべきことに、なんとナブナ自身がバックコーラスをつけている!
 YouTubeなどではたまに弾き語りを公開しているナブナだから、べつに驚くようなことじゃないのかもしれないけれど、僕は彼が自分の声を作品に残したがらない人かと思っていたので、今回この曲やそのほかの作品で自らコーラスをつけた姿勢に意表を突かれた。世間から高い評価を受けるようになって、彼の意識も少しずつ変わってきているんだろうなぁと思った。
 初回限定盤についている小説を読んだあとに聴くと、さらに歌の世界観が広がって、また違う味わいになるから、時間があればそちらもお薦め。なんにしろ、前作から一年もたたずして、こういう意欲的な作品を世に送り出してくるのだから、やはりヨルシカはいまの日本でもっとも注目すべきバンドのひとつだと思う。
 それにしても、世の中には犯罪をテーマにした小説や映画があたりまえのように溢れているのに、いざそれを音楽でやるとなると、なんでこんなに不穏な雰囲気になっちゃうんでしょうね。RADWIMPSが『HINOMARU』を出して炎上したときにも思ったことだけれど、文学や映画だとさして問題にならないことが、音楽に置き換えた途端に過剰なリアクションを引き出してしまう気がする。
 まぁ、それだけ音楽という表現手段が人の心にダイレクトに訴えかける力を持っているということなのかもしれない。
(Sep. 21, 2020)

初回限定盤の小説の感想はこちら

朗らかな皮膚とて不服

ずっと真夜中でいいのに。 / 2020 / CD

朗らかな皮膚とて不服

 いま現在の僕にとっての最重要バンド・ナンバー・ワン、ずっと真夜中でいいのに。の三枚目のミニ・アルバム。
 先行配信された『低血ボルト』『お勉強しといてよ』『MILABO』の三曲がアッパーなダンス・チューンで、これぞ「ずとまよ」って出来映えなのに対して、その他の三曲はスローでおとなしめ。要するにアルバムでいちばん盛り上がるのはアルバムのリリース以前から聴いていた曲ってことなので、前の二枚のミニ・アルバム――それまで知らなかったがゆえに個人的には全曲が新曲だった――に比べると、いささか中毒度が低い感は否めない。
 でも、そうはいっても、気がつけばiTunesでの再生回数は、全曲すでに五十回を超えている。リリースされてから一ヵ月半くらいだから、つまりほぼ毎日聴いているも同然。そんなアルバムほかにない。同時期に出たヨルシカや米津玄師の新譜もくりかえし聴いているけれど、さすがにその数はずとまよには及ばない。やはり現時点で僕にとっての最重要アーティストがこの人だってことは数字が証明している。
 ずとまよのなにが特別かって、やはりその言語感覚なのだと思う。ACAね{あかね}の書く曲はどれも歌詞のメロディへの乗せ方が絶妙で、ほんとに掛け値なしに気持ちいい。僕にとっては日本語の音楽を聴く快感の極みといっていい。この喜びは母国語でない洋楽では絶対に味わえない。
 エレカシやBUMP、RADWIMPSなど、日本語で素晴らしい歌を聴かせてくれるアーティストは過去にもたくさんいたけれど、そのほとんどは歌詞が共感できて感動的だから、音楽の感動が相乗効果でなおさら深まるってタイプだった。
 でもACAねの場合は違う。歌っている内容の大半は意味が通じない。でもそれでいて、そんな意味不明な言葉がビートに乗ったところから、掛け値なしに快感が湧きあがってくる。その感動は英語の歌では絶対に味わえないたぐいのものだ。
 例えば『低血ボルト』の「頭でっ価値 ずっとうんと砕いてもっと」というフレーズ。この何気ない一節が僕にとってはこのアルバムのクライマックスだ。否応なしに身体を揺さぶられる。
 つづく『お勉強しといてよ』はタイトルからして最高だし、『Ham』の「息が痛いよ あざになるくらい」という比喩の見事さ、『JK Bomber』のヒップホップ系の「重たいビート」が、途中からいつものアッパーなディスコ・チューンに転調するアレンジや、『マリンブルーの庭園』での松本隆が松田聖子に歌わせそうな歌の世界観の意外性、そして個人的に大好きな『ハゼ馳せる果てまで』と同系統の明るいポップ・チューン『MILABO』で最後を締めるまで、そのすべてが日本語だからこそという魅力を持って僕の心と身体を揺さぶってくる。
 そりゃベースとなる音楽自体の構成要素はすべて洋楽からの借りものだろう。でもACAねとコラボレーターたちは、それを日本語の節まわしならばこそ可能な見事なアレンジでもって、唯一無二の音楽として鳴らしてみせている。こんな音楽、おそらくいまの日本でしか聴けない。
 長年洋楽ありきで音楽を聴いてきた僕にとって、洋楽では代えが効かないなんて思わせるアーティストなんて初めてじゃないかと思う。それだけでも特筆もの。
 とにかく、ずとまよが聴かせてくれる音楽のすべてがいまの僕にとってはかけがえのない宝物だ。この先も末永く彼女の音楽が聴きつづけられることを願ってやみません。
(Sep. 20, 2020)

レキツ

レキシ / 2011 / CD

レキツ

 ここ数年のあいだに好きになった日本のアーティストについてあれこれ書いてきたので、この人のことも一度くらい書いておこうかと。
 スーパーバタードッグのキーボードだった池田貴史によるソロ・プロジェクトにして、日本の歴史をテーマにした唯一無二のコンセプト・バンド、レキシ。
 これまでに六枚のアルバムをリリースしているけれど、あえてそのうちから一枚を選ぶとなれば、そこはやはりこのセカンド・アルバム『レキツ』ということになる。
 二枚目なのでタイトルの最後が「シ」ではなく「ツ」(Two)になっているという。そのユーモアのセンスが天才的なだけでなく、最新アルバムの『ムキシ』――六枚目だから頭が「ム」――に至るまでの流れを作ったという意味でも画期的な一枚。
 そしてなにより重要なのが、レキシのライブでつねにクライマックスを飾る『きらきら武士』と『狩りから稲作へ』という、レキシを代表する名曲が二曲そろって収録されているという点。
 この二曲、どちらも歌詞が最高に笑えるだけでなく、楽曲自体が日本のダンス・ミュージックとしては最高レベルの機能性を兼ね備えているのがすごい。
 コミック・ソングというと所ジョージやはなわのように弾き語りでサウンドは二の次という印象が強いけれど――まぁそれはそれで悪くないんだけれど――レキシの場合はそうじゃない。池ちゃんのファンキーな音楽センスが存分に発揮されたバック・トラックだけでも十分に聴く価値がある完成度を誇っている。
 そこに日本史のネタがさまざまな視点から、最高のアイディアで歌いこまれている。その楽しさは唯一無二。単に笑えるだけではなく、ちょっとじーんときてしまうような感動的な歌もあるし、さらには椎名林檎やスチャダラパーのような豪華なゲストまで参加しているのだから、あとはなにをいわんやだ。
 単なるコミック・バンドと侮るなかれ。世界の上原ひろみも惚れ込んだというその才能は伊達じゃない。これ一枚に限らず、これまでのどのアルバムも、日本の音楽好きだったら一度は聴いておいたほうがいい逸品ばかりです。
(Jul. 29, 2020)

正しい偽りからの起床

ずっと真夜中でいいのに。 / 2018 / CD

正しい偽りからの起床(通常盤)

 いまさら僕などが語るべきことなど何ひとつないような気がするほど素晴らしい、2018年リリースのずとまよのデビュー・ミニ・アルバム『正しい偽りからの起床』。
 記念すべき配信シングル第一弾の『秒針を噛む』とそれにつづいた『脳裏上のクラッカー』『ヒューマノイド』の三曲がファースト・フル・アルバムの『潜潜話』にも収録されているから、この作品でのみ聴けるオリジナル曲は三曲しかないけれど、その三曲を聴くためだけでもこのアルバムを聴く価値は十分にあると思う。
 そもそも配信された三曲自体の完成度がはんぱじゃないので、それらを含めた全体の流れがもう完璧すぎるのだった。
 デビュー・アルバムが出たあとでもなお、僕はこのミニ・アルバムを並行して飽きずに聴き返しつづけている。ほんともう『秒針』とか何回聴いたかわからない。やっぱこの曲と『脳裏上』の高揚感は突き抜けている。デビューからこの二曲をドロップしてきたACAねの才能おそるべしだ。
 僕は基本的にマイナーコード主体の楽曲やディスコ・ビートってそれほど好きではないと思っていたんだけれど、ずとまよの場合、そういう要素をたっぷり含んでいるにもかかわらず不思議と僕を魅了してやまない。
 でもマイナー調でダンサブルな曲のなかに『雲丹と栗』――MV名物のハリネズミ、うにぐりくんのテーマ曲(なのかな?)――みたいなメジャー・コードで超かわいいミディアム・テンポの曲がなにげに入っているのもいいです。この曲の「忘れ物なら僕が届けに行くから」ってところがものすごい好き。心に染みわたる。
 あとこのアルバムは最後の『君がいて水になる』が最高にいい。ひとつ前の『脳裏上のクラッカー』でテンションがあがったあと、愁いを含んだヒップホップ寄りのミディアム・テンポのバラードでしっとりと締めるという構成が抜群。
 曲も本当に素晴らしい。「{しがらみ}や秩序の甘えは、君がいて水になる」なんて難解な歌詞をこれほどせつなく聴かせる曲ってレアでしょう? 「カシス色の髪が揺れている」からのブリッジの部分の情感の深さも本当に感動的だし、この曲は僕にとってのずとまよのベストテンに入る。この曲を聴かずしてずとまよを語るなかれ。
 とにかくこのアルバムは徹頭徹尾素晴らしき傑作。僕の五十年を超える人生において最強のミニ・アルバムだといいきってしまいたい。
 最近はもしかして俺はずとまよと出逢うために四十年も音楽を聴きつづけてきたのかもしれないしれないとさえ思う。
(Jul. 11, 2020)

夏草が邪魔をする

ヨルシカ / 2017 / CD

夏草が邪魔をする

 今月七月末から八月のあたまにかけて、僕にとっての現時点での最重要バンドであるヨルシカとずとまよの新作がつづけて出るので、前祝いに両者のデビュー・ミニ・アルバムについて書いて、カタログをコンプリートしておこうと思う。
 ということで、まずは2017年のいまごろの時期にリリースされたヨルシカのデビュー・ミニ・アルバム。
 ヨルシカ――というかn-buna――の特徴は抒情性と厭世観だと思うんだけれど、これはデビュー作だけあって、厭世観のほうは比較的控えめな印象がある。
 次回作の『負け犬にアンコールはいらない』では持ち前のネガティヴさを隠そうともしてない感じになるけれど、ここではとりあえず初お披露目なので、あまりそういう部分が露骨に出ていない曲を選んでいる感じがする。
 とはいっても、そこはナブナ。最初の『カトレア』でいきなり「札束で心が買えるなら本望だ」なんて歌わせちゃっているのだけれど。
 でもこの曲の場合、それにつづく歌詞がいい。そのフレーズだけ取り出して聴くと、人の心を金で買おうとするろくでなしっぽいけれど、それのあとすぐに「傷一つない新しい心にして」とつづく。買い替えたいのは自分の心かいっ!
 その辺の一連の歌詞のニュアンスが個人的には最高に好き。
 その次の『言って』はヨルシカではもっともポップで人気の高い一曲だと思うし(新海誠がツイッターでMVを絶賛していた)、「いつもの通りバス停で、君はサイダーを持っていた。」という歌詞がとても印象的な『あの夏に咲け』へとつづく、この序盤の流れが秀逸。そのあとにインストを挟んで、最後はミディアム・テンポの穏やかな二曲で締めている。
 ペシミスティックで抒情性たっぷりの歌詞にキャッチーなメロディー、気のきいたギター・サウンド。そしてそんな楽曲の魅力を余すことなく引き出すsuisのボーカル。
 三十分たらずという短いトータル・タイムのなかにヨルシカというバンドのポテンシャルがぎゅっと詰まった素晴らしいデビュー・アルバムだと思う。
(Jul. 04, 2020)