2022年の本

Monthly

1月 2月 3月 4月 5月

All Books

  1. 『デューン 砂の惑星』 フランク・ハーバート
  2. 『悪童日記』 アゴタ・クリストフ
  3. 『京極夏彦講演集「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし』 京極夏彦
  4. 『私たち異者は』 スティーヴン・ミルハウザー
  5. 『カリブ海の秘密』 アガサ・クリスティー
  6. 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』 ジュノ・ディアス
  7. 『地下室の手記』 ドストエフスキー
  8. 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 ジョナサン・サフラン・フォア
  9. 『地下鉄道』 コルソン・ホワイトヘッド
  10. 『明治十手架』 山田風太郎
  11. 『インヴィジブル』 ポール・オースター
  12. 『復活の日』 小松左京
  13. 『フィルス』 アーヴィン・ウェルシュ
  14. 『地獄の楽しみ方 17歳の特別教室』 京極夏彦
  15. 『路地裏の子供たち』 スチュアート・ダイベック
  16. 『バートラム・ホテルにて』 アガサ・クリスティー
  17. 『ラブラバ』 エルモア・レナード